下記画像をクリックすると楽天市場のネットショップの詳細ページに移ります。

父の日のプレゼントにボッテガ・ヴェネタの長財布を。

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の原点は、イタリアのフィレンツェの革の学校です。それはサンタクローチェと930年代以降のフィレンツェ革職人の修道院のフランシスコ修道士によって第二次世界大戦後に設立されました。彼らの使命は、戦争の孤児の生活費を稼ぐために、実用的な貿易を学ぶための手段を提供することでした。

本日、クライアントが職人は数百年にわたる歴史の中で革製品を作成しているのです。ボッテガ・ヴェネタの長財布を作っているところを目撃できる街に行ってみたいです。それが今の私の最大の夢なんです。

本物のボッテガ・ヴェネタの長財布を初めて買ったのは3年前です。新宿の質屋の大黒屋で中古のボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)を買ったのです。革を編み込むという世界屈指の技術をもっているのですね。洗練された財布なので顧客を選ぶらしいですが、日本の芸能人などには愛用者が多いらしいです。

ちょっと古い表現ですが「ちょい悪オヤジ」がボッテガヴェネタを愛用しているっていう記事を読んだ記憶があります。当時は今ほどボッテガヴェネタの財布が有名ではなかったのですが、今はどうなっているんですかね。父の日のプレゼントにボッテガヴェネタの財布を買ってあげようかと検討しているんですが、ダンヒルの財布と迷っている状態です。父親にプレゼントするものは高品質の製品でなければいけないと個人的には考えています。

ボッテガヴェネタの顧客サービスは素晴らしいと聞いたこともあるので、父の日のプレゼント用に買ってもいいかなって思っているんです。偉大な父親に伝統と革新が同居しているボッテガヴェネタの財布は最適だと思います。

ボッテガヴェネタ(Bottega Veneta)の人気記事
カテゴリ
タグクラウド
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。